仙台の矯正歯科 ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック
  • 宮城県仙台市青葉区昭和町5−28
     ロイヤルオフィス北仙台 2F
  • 地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分

022-346-7707

上下の前歯がぶつかる切端咬合の矯正治療

上下の前歯がぶつかる切端咬合とは

切端咬合とは

正常な場合、上の歯は下の歯に被さるようになりますが、上下の歯先が重ならずぶつかり合っている状態を切端咬合(せったんこうごう)と言います。
前歯の先を切縁といいます。先端咬合とは上下の前歯の切端同士で咬んでいる状態を指しますが、全ての前歯が切端咬合になっている事は珍しく、通常一部の前歯に認められることが多いです。
切端咬合の状態では奥歯が咬めないこと多いため、通常は下顎を前に出したり、横にずらして咬むことが多くなり、見た目はほとんどの場合反対咬合や下顎の偏位症例と同じよう見えます。

切端咬合になる原因

基本的には反対咬合の場合と同様で上下顎の位置的な問題、上下の歯並びの問題そして顎の骨と歯並びの両方の問題に起因しています。
まず、骨の問題としては上あごに対して下顎の骨が正常な状態より前にあり、上下の前歯がちょうどぶつかる位置にある場合で、小児期に下あごが成長する過程で認められることがあります。
また、歯並びに起因する場合は、デコボコにより部分的に上の前歯が舌側に入っている歯とその歯に対応する下の前歯との間で切端咬合が認められる事があります。

複合的な症状

単純に前歯の咬み方の一症状を指しているので、歯並びに関しては、叢生すきっ歯、反対咬合、左右的なずれとほとんどの不正咬合が複合的な症状として現れます。

健康上のリスクや普段の生活で困ること

切端咬合は、食事をはじめ奥歯をかみ合わせる度に顎をずらす必要があるため、顎に対する負担が大きく顎関節症の発症の原因になったり、小児期の顎の成長に悪影響を与えることも少なくありません。
また、切端咬合を起こしている箇所は、早期接触を起こしていることが多いため、歯自体にダメージをうけたり歯茎が下がったりすることもあるため、できるだけ早く治療をする必要があります。

切端咬合の治療法

子供の治療(早期治療、1期治療)

乳歯の時反対咬合だった場合や大人の前歯が萌出中に反対咬合になっているような場合は要注意です。できれば、上の乳歯が抜けたらできるだけ早い段階で矯正相談に受診されることをお勧めします。
通常の第1期治療のタイミングは、上下の前歯が生えそろって歯根が完成した頃に開始しますが、切端咬合の場合は、できるだけ早い段階で治療を行い切端咬合を回避するようにします。ただし、その治療は必要最低限に留めますので、その後1期治療が必要となります。

成人の治療

切端咬合は、前歯のかみ合わせの一つを現す用語であるため、治療の難易度や治療期間に関しては、叢生、反対咬合等の複合的な要因によって決まってきますので、そちらをご参考になさって下さい。

切端咬合の治療費・料金の目安

子供

軽度の場合 393,000円〜403,000円くらい
中等度~重度の場合 403,000円〜463,000円くらい

大人

舌側矯正 1,115,000円〜1,385,000円くらい
ハーフリンガル 1,015,000円〜1,295,0000円くらい
表側矯正 695,000円〜785,0000円くらい

治療費は現在の歯の状態、選択する治療法や治療期間によって変わります。
料金の詳細は矯正料金ページをご覧下さい。

治療のリスク

治療のリスクは詳細ページをご覧下さい。

  • 宮城県仙台市青葉区昭和町5−28 
    ロイヤルオフィス北仙台 2F
  • TEL 022-346-7707
  • 仙台市地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分
  • 提携駐車場有り(1時間分当院負担)
ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック仙台