仙台の矯正歯科 ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック
  • 宮城県仙台市青葉区昭和町5−28
     ロイヤルオフィス北仙台 2F
  • 地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分

022-346-7707

すきっ歯・歯のすき間の矯正治療

すきっ歯・歯のすき間

歯のすき間

歯並びの状態の一つで、歯同士の間に隙間がある状態を指します。あくまでも歯並びの1つの状態を表していますので、かみ合わせについては関係なく、反対咬合でも非対称でも、どんな咬み合わせにも認められます。
隙間も軽度で他に大きな問題が無い場合は、機能的にはそれほど問題が無いことが多いのですが、前歯に発生することが多いために、見た目が気になるので治したいと希望される方が多くいるのも事実です。

すきっ歯になる原因

歯の隙間ができる原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は、歯が並ぶ歯槽骨という骨に対して、歯が小さいもしくは歯の本数が少ない時に起こります。
歯が小さいもしくは歯槽骨が大きい、または先天的に歯の本数が足りないという事は遺伝的な要因で決まってきます。
また、むし歯や外傷などで歯を抜いた後に、そのまま放置した場合にも起こります。

2つ目の原因は舌や口腔周囲筋が大きく関係しており、舌が大きすぎる場合や舌突出や咬舌などの舌癖がある場合におこります。
舌が大きすぎる場合、単純に遺伝的な要因とガンなどの病的要因がありますので気になる場合は歯科を受診されることをお勧めします。

複合的な症状

単純に歯並びの一症状を指しているので、歯並びに関しては、反対咬合、左右的なずれ、骨格的な問題に関しては、上顎前突、下顎前突、非対称とほとんどの不正咬合が複合的な症状として現れます。また、むし歯や先天性の欠損で歯が無い場合は、対合歯が挺出し歯茎を咬んだり、かみ合わせを崩すことで顎関節症を引き起こしたりすることもあります。

健康上のリスクや普段の生活で困ること

すきっ歯自体は、軽度であれば特に大きな問題はありませんが、特に前歯に隙間がある場合は見た目が気になる方が多いようです。
ただ、複合的な要因が重なるとかみ合わせや顎関節などに様々な問題を引き起こします(他の症状を参照して下さい)。
また、舌の病変などが影響していることも有りますので、舌に腫瘤等が認められたり、違和感がある場合は、近くの歯科を来院されることをお薦めします。

すきっ歯の治療法

子供の治療(1期治療)

矯正治療のタイミングとしては、上下の前歯4本が生えてくる頃が最適です。そのため、上の前歯が生え替わり始めた時期に矯正相談に行くと良いでしょう。
治療としては、上下の前歯にブラケット装置を付けて上下の前歯が咬める状態にしていきますが、その他の複合的な症状によって治療法が変わってきます。
また、すきっ歯の原因として、舌や口腔周囲筋などの悪習癖がある場合も多いので、そのような悪習癖も同時に治していく必要があります。
そのため、矯正治療とは別にMFTと呼ばれる専門の治療プログラムが必要になる事もあります。

成人の治療

すきっ歯は、複合的な要因が無い場合は、比較的短期間で治療が終了します。ただし、安定するまでに時間がかかることが多いので、治療後の保定(治った状態を維持する治療)をしっかり行う必要があります。また、すきっ歯の原因が舌の悪習癖等から生じている場合は、その原因を治さないと何度でも再発してしましいますので、MFTと呼ばれる専門のトレーニングをする必要があります。
複合的な要因がある場合、治療の難易度や治療期間に関しては、叢生、上顎前突、反対咬合等の複合的な要因によって決まってきますので、そちらをご参考になさって下さい。

開咬の治療費・料金の目安

子供

軽度の場合 393,000円〜403,000円くらい
中等度~重度の場合 403,000円〜463,000円くらい

大人

舌側矯正 1,115,000円〜1,385,000円くらい
ハーフリンガル 1,015,000円〜1,295,0000円くらい
表側矯正 695,000円〜785,0000円くらい

治療費は現在の歯の状態、選択する治療法や治療期間によって変わります。
料金の詳細は矯正料金ページをご覧下さい。

治療のリスク

治療のリスクは詳細ページをご覧下さい。

  • 宮城県仙台市青葉区昭和町5−28 
    ロイヤルオフィス北仙台 2F
  • TEL 022-346-7707
  • 仙台市地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分
  • 提携駐車場有り(1時間分当院負担)
ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック仙台