矯正治療

矯正歯科での治療は舌側矯正や表側矯正など様々な方法があります。

舌側矯正(装置が見えない治療)

歯の裏側に装置が付くため、文字通り、装置が見えない矯正歯科治療であり、専門的には舌側(ぜっそく)治療と呼ばれています。 一般的に良く知られている矯正歯科治療では、歯の表側に矯正器具を装着するため、笑ったときやしゃべるときなど装置が見えてしまい、なかなか、治療に踏み切れなかった方々に最適な治療法です。

舌側装置は、歯の裏側に装置を付けるため、他人からは装置が全く見えない事が、最大の利点で、主に、社会人の方々からの希望が多く、当院でもご来院される成人患者様の半数以上が、この舌側装置を選択されています。

仙台市の方々にも、ようやく認知されてきた治療法ですが、装置が見えると職業上困る方、装置が目立つのでは?と治療をためらっていた女性の方々を中心に、飛躍的に需要が伸びております。実際、皆様が誰でも知っている某有名女優、アナウンサー、野球選手、モデルなども、この方法で治療された方が何人もいらっしゃいます。
ただし、この治療法は矯正歯科医なら誰でも出来る治療法ではありません。皆さんから装置が見えないということは、私たち歯科医にも装置が見えないため、表側と比べて、緻密な操作、複雑な調整そして専門的な知識と経験が必要となります。

唇側矯正治療(装置が目立たない治療)

唇側治療では、装置が歯の表側につきますので、矯正歯科治療をしている事が見て分かります。しかし、当院で使用している装置は、色々なメーカーの装置があるなか、一番キレイな装置を使っております。装置の色は、透明や歯の色に近い白色の装置を使っており、以前と比較したら、飛躍的に目立たなくなってきました。

仙台市内を歩いていると、以前と比べると、お子様だけでなく、成人の方でも治療をされる方が増えてきたと感じます。ご自分の周りでも唇側装置を付けている方が増えてきたのではないでしょうか。当院に来院される患者様とお話ししていても、「周りの人たちが、唇側治療をしている人が多いから、唇側装置への抵抗が全くない。」と言われる方が、医療系や美容系のお仕事をされている方を中心に多くいらっしゃいます。矯正歯科治療の普及とともに、堂々と唇側治療をされる方も増えてきたなと、感じています。

仙台市内を歩いても矯正歯科治療をしているのが珍しくなくなった今日ですが、それでも、「目立つのでは?」「学校でからかわれたら?」色々とご心配がある方もいらっしゃると思います。

もしご心配であれば、下記の「ほとんど目立たない装置」はお勧めです。本当に目立たなく、とってもキレイな装置です。

矯正用アンカースクリュー及びアンカープレートを用いた治療

以前の矯正歯科治療では、特に凸凹を治すときに歯を抜いて治療を行うことが主流でした。
当然今でも、凸凹の量や患者様の希望により、歯を抜いて治療を行うこともありますが、アンカースクリュー及びアンカープレートが発明されたことにより、出来るだけ歯を抜かずに矯正歯科治療を行うことが、可能となりました。
矯正用アンカースクリューやアンカープレートは様々な場面で使われております。

アンカースクリュー及びアンカープレートでの治療は、治療に必要な期間のみ、特殊な金属のネジやプレートをアゴの骨に埋込み、これを支えにして歯を動かす方法です。
通常の歯の移動では、基本的に歯同士の引張り合いのため、奥歯を後ろの方に移動したり、歯を全体的を沈めたりすることが出来ませんでしたが、この方法を使用することにより、以前では不可能だったり、患者様の多大な協力に左右されていた一部の治療がより確実に安定して行うことが出来ます。

小児矯正

子供の矯正を考えていますが、いつから始めれば良いのでしょうか?」という質問をよく受けることがあります。
確かに、お子様の矯正治療の最適な時期というのは存在しますが、お子様の成長の度合い、お口の状況は、ひとりひとり違いますので、一概にこの時期と決めることは出来ません。
歯科矯正の本場アメリカや、日本矯正歯科学会では、大人の歯が生え始める7歳に、一度矯正専門医に相談することを薦めております。