logo

仙台市地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分
仙台市青葉区昭和町5-28-2F

ご相談・ご予約

022-346-7707

口元の突出感の矯正:表側矯正治療

当院で歯の矯正治療を決意したきっかけは何ですか?

前歯の凸凹と口元の突出感(口唇を閉じていても歯が少し見えてしまう)がずっと気になってはいた。
姉も「ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック」で治療し、とてもきれいになったのを見ており、大学生になったのをきっかけに、矯正治療を決意。
大学は宮城県外の大学であったが、実家が仙台市にあったため、仙台市の矯正歯科に通うことにした。
仙台市まで通うのは大変ではないか、大学の近くで矯正治療を行う事も提案されたが、遠くても安心して通うことが出来る医院にした。

治療方針の決定

矯正治療を行う方は、当院にて検査を行い、治療方針を提示します。
この患者様の場合は、口元の突出感も気になられていたため、効果的に改善するため、小臼歯を抜いて並べる方法にいたしました。

治療に使用した装置

仙台市内の一般歯科さんにて小臼歯を計4本抜いてもらった後、プラスチックブラケット装置を歯全体に付け、並べていきました。ワイヤーの色は、銀色です。
(*現在は、成人の方には違うブラケット装置を使用しています。ワイヤーの色は、当時は銀色しかありませんでした。)

患者様の治療中の様子

宮城県外からの通院で、アルバイトで忙しかったり、大学の試験期間で忙しかったりする中で、いつも時間をぬって仙台まで来てくださっていました。
大変に感じる時も多々あったと思いますが、いつも明るい笑顔で通院して下さいました。
2年0か月の治療期間で終了しました。治療の途中で、就職活動がありましたが、矯正装置は就職活動に何の問題もなく、競争率の高い会社に入社され、今は会社の顔として、軸として、働いていらっしゃると思います。

治療前
口元の突出感・治療前
次へ
治療後
口元の突出感・治療後
治療前
口元の突出感・治療前
治療中
口元の突出感・治療中
治療後
口元の突出感・治療後
治療前
口元の突出感・治療前
次へ
治療後
口元の突出感・治療後