logo

仙台市地下鉄南北線・JR北仙台駅から徒歩1分
仙台市青葉区昭和町5-28-2F

ご相談・ご予約

022-346-7707

矯正用アンカースクリュー及びアンカープレートを用いた治療

以前の矯正歯科治療では、特に凸凹を治すときに歯を抜いて治療を行うことが主流でした。
当然今でも、凸凹の量や患者様の希望により、歯を抜いて治療を行うこともありますが、アンカースクリュー及びアンカープレートが発明されたことにより、出来るだけ歯を抜かずに矯正歯科治療を行うことが、可能となりました。
矯正用アンカースクリューやアンカープレートは様々な場面で使われております。

アンカースクリュー及びアンカープレートでの治療は、治療に必要な期間のみ、特殊な金属のネジやプレートをアゴの骨に埋込み、これを支えにして歯を動かす方法です。
通常の歯の移動では、基本的に歯同士の引張り合いのため、奥歯を後ろの方に移動したり、歯を全体的を沈めたりすることが出来ませんでしたが、この方法を使用することにより、以前では不可能だったり、患者様の多大な協力に左右されていた一部の治療がより確実に安定して行うことが出来ます。

アンカースクリュー矯正

ちゅうじょう歯ならび矯正クリニック仙台では、アンカースクリュー及びアンカープレート矯正が始まった頃より、数多くの場面で使い患者様の治療を行っています。
当然アンカースクリュー及びアンカープレートについてはエキスパートですのでご安心して治療を受けて頂けます。